ニュース

2022.12.21お知らせ

「思い出バナシに付きあってくれるAI」ビジネスコンテストで入賞!

回想新聞社と株式会社モノゴコロで共同開発中の「懐かしい!を呼び起こし、思い出バナシに付きあってくれるAI」が、12月17日(土)に開催された株式会社ゼネテック主催のビジネスコンテスト「DXチャレンジ2022~人と地球にやさしい社会の実現へ~」の最終プレゼンテーション大会で佳作入賞いたしました。

■ ゼネテック社 News Release
 https://www.genetec.co.jp/topics-221220/

最終プレゼンテーションには、回想新聞社の楠 裕史(営業担当)とモノゴコロの船山 聰 社長が登壇してプロジェクトを説明。楠木 建 審査員長から「人間の本性をとらえた、王道の提案です!」とのコメントをいただきました。

<プロジェクトの概要>
ラジオ番組風に回想新聞記事が流れ(思い出のきっかけ、話題の提供)、その途中でAIナビゲーターが問いかけなどをします。
ユーザーがそれに応えて思い出話などをすると、AIナビゲーターが相槌を打ったり、受け答えしたり、リクエスト曲をかけてくれたりします。

「回想新聞社のコンテンツと問いかけ方のノウハウ」×「モノゴコロ社の人になつくAI技術」で開発する “いつでも快く思い出バナシに寄り添ってくれるAIシステム” は、様々な企業様のデバイスやサービスにASPで提供したいと考えています。

ニュース一覧に戻る
ページトップ ご購入の
お申込み