ニュース

2021.3.1最新号

2021年3月号(第47号)を発行しました

今号の表面メイン記事は、昭和22年の新年度から始まった六・三制教育。
戦後「修身」などの授業がなくなり、教科書の軍国主義を匂わせる箇所に墨を塗って…、「国民学校」が新制の小学校と中学校に。
藤子不二雄の漫画や井上陽水が主題歌を歌った映画『少年時代』、そして作曲家・阿久悠の自伝的小説や映画『瀬戸内少年野球団』で描かれた時代を振り返ります。

裏面は、松竹映画の主題歌『ここに幸あり』を歌った18歳の新人歌手・大津美子を紹介。
大津美子は、『お富さん』『上海帰りのリル』の作曲で有名な渡久地政信に師事してデビュー。渡久地が作曲したマンボのリズムの『東京アンナ』がヒットしていました。

好評連載中の4コマ漫画『ハルコの昭和日記』は、ハルコがVネックの裕次郎が表紙の雑誌の付録を眺めながら炭火アイロン。カズヲ(弟)に起こった悲劇をぜひ紙面でお楽しみください。

無料でお楽しみいただける「最新号の音声版」も更新しましたので、ぜひ紙面と合わせてお楽しみください。
https://www.kaisoumedia.jp/#anc_listen

ニュース一覧に戻る
ページトップ ご購入の
お申込み