ニュース

2020.12.1最新号

2020年12月号(第44号)を発行しました

今号の表面メイン記事は、東京 府中市でニセの白バイ警官が、凶器も使わずにほんの数分で現金輸送車ごと奪って走り去った三億円強奪事件。
当時の銀行員の初任給は高卒22000円、大卒30500円、あんぱん一個20円、かけそば一杯70円でした。またこの昭和43年から年末宝くじの一等賞金が1000万円となって話題となりました。持ち去られた三億円の使い道はいかに?

裏面は、昭和32年の年末に公開されたデビュー二年目の石原裕次郎主演『嵐を呼ぶ男』。
裕次郎人気が爆発して都内封切館は客があふれて扉が閉まらない状況に!
昭和32年11月に長嶋が巨人入団を発表し、「映画界のスター・裕次郎」と「プロ野球のスター・長嶋」の時代が幕を開けました。

好評連載中の4コマ漫画『ハルコの昭和日記』、ハルコとカズヲは初めてのクリスマスツリーを飾りました。プレゼントをもらうためにハルコが用意した靴下はなんと…!紙面でぜひお楽しみください。

無料でお楽しみいただける「最新号の音声版」も更新しましたので、ぜひ紙面と合わせてお楽しみください。
https://www.kaisoumedia.jp/#anc_listen

ニュース一覧に戻る
ページトップ ご購入の
お申込み